Actor Lee Minki


モデルとして上京してから1年余りが過ぎた2004年にミンギにもう一つの幸運が訪れた。

「ドラマシティー」で方言を使う俳優を探していたが、この役はもともとカン・ドンウォンに来た役だった。(イ・ミンギとカン・ドンウォンは同じ所属社)
しかし所属会社の社長が方言を使う面白い子がいるとイ・ミンギを推薦しデビューをすることになった。
そして2005年連続ドラマ『がんばれ グンムスン』でレギュラー出演する。
しかし今度は、役柄的に方言が障害になった。彼が出演してからドラマの掲示板で、方言交じりの彼の言葉使いが耳触りだと視聴者が抗議・・・

そしてドラマの作家が、子供の頃に田舎に送られて言葉使いがおかしくなったと、役柄設定を変更して一段落した。

その時からミンギは、言葉を矯正することに熱を上げ、ボールペンを口にくわえて、一字一字新聞を読んで言葉使いを直した。

その後ミンギは「テルン選手村」「レインボー・ロマンス」「めっちゃ大好き」「タルジャの春」に出演し成長を続けている。

 

One and a half years after it goes to Seoul as a model,Good luck came in Mingi again.

Drama city looked for an actor with a dialect,but However, this role was offered to Kang Dongwon. (Lee Minki and Kang Dongwon was same management compnay)

However, the president of the company said that there was an interesting person who used the dialect.
And he recommended Minki to Drama city. Minki debut.

 

Minki appearance  to the regular drama "Be Strong Geum Soon" in 2005.

However, his dialect became obstructive this time. When he appeared, the audience protested a bulletin board when his dialect was stridency.

The drama writer changed to the setting that because He went to the village in childhood the wording became strange.

At that time, Minki corrects the word hard.
He mended the wording reading the newspaper one character a character holding the ballpoint in his mouth.

 

Minki keeps performing to 「Taerung National Village」 「Rainbow Romance」「I Really Really Like You」 「Dal Ja's Spring 」 and growing up afterwards.